スクラップマウンテンで遭難

本当に久々の更新です!

いやはや、だいぶ日が空いてしまいました。数ヶ月ぶりですね..

 

というのも、この数ヶ月勉強法を含め色々見直したり、日本語をやり直してみたりと、あまりこのブログには沿わない活動をしていたもので。

そのため、なかなかブログの記事が書けませんでした。

そしてそのうちの1つが「スクラップマウンテンで遭難」だったんです。 

スクラップマウンテン

というのも、以前から紙のニューヨクタイムズを時々買うことがありまして。買ってはそれを取っておいていたんです。いつも丸ごと一部。沢山。

でも正直に書きますと、まるまる一部取っておいても、後から見ないんですよ..お恥ずかしい話。出すのも面倒だし、でもだからと言って、面白いと思った記事を切り取ってスクラップする思いきりもなくて。 

ですが、「いやそれじゃだめだろ!全部読まないよりも、読んだ記事だけでもまた読みやすくしておく方が、よっぽどいいはず!!」と少し前に一念発起し、切り取ってはスクラップをしていたんです。

これがまず終わらない。手はインクで真っ黒け。糊を大量消費。本末転倒間近です。 

そして、オンラインの記事と違って紙に印刷されたものなので、権利的にブログで記事を紹介して良いのかわからない。(問い合わせ先にも迷子)

というわけで、スクラップマウンテンで遭難、でした。

 

ですが、少し前からバランスを取り直し、オンライン版のニューヨークタイムズもチェックするようになりましたので、近いうちにまた更新したいと思います。

いや、します!

 

おしまい🌾

The Atlantic ビリッときてひゅーん の話

いやー!日が空いてしまいました!

久しぶりの更新です。最近お菓子売り場に秋の商品が並び始めて、時間が過ぎていく速さにびっくりしてひやっとしています、かつ丼です。 

さて、今回はこちらも久しぶりThe AtlanticからEd Yongさん著のこちらの記事を紹介させていただきます。 

www.theatlantic.com

さて、蜘蛛。突然ですが蜘蛛のお話です。

突然ですが、最近「蜘蛛の巣」って見ましたでしょうか?蜘蛛って、自分の大きさの数十倍も離れた木と木の間や屋根と屋根の間と、「どうやってそこまで移動したんだ?」と思わせるような場所に巣を張っている時ってありますよね。羽のない蜘蛛が、一体どうやっているのか?

これを可能にしているのが蜘蛛の「バルーニング」といって、「糸」を使って飛んでいるそうなんです。そして、中にはバルーニングでおよそ1000kmもの距離を移動した蜘蛛もいるんだそうです。

しかし、なぜ糸を使って飛ぶことができるのか?というのは、これまで解明されていなかったそうなんです。

それが!最近ある2人の研究者の方によって、このバルーニングの仕組みが解明されたそうなのです!風を読んで風に糸をのせて移動しているかって?いや、そう単純な仕組みではないそうなんです。

今回紹介させて頂いている記事、この明らかになった「バルーニング」の仕組みとその実験について書かれた、非常に「へー!」となってしまう面白い記事なので、ぜひぜひ読んでみてくださいな:D 

今度蜘蛛を見かけたら、すごいねえと声を掛けたくなってまうかもしれません。

 

単語のお話:

naturalist n. 動物研究者、植物研究者、博物学

gassamer n.u.c.(草の葉や木の間の)小グモの巣 小グモの糸

extrude 他動を(押し)出す しぼり出す

light wind n.comp.そよ風 微風

yank out 句 ぐいっと引き抜く 引っこぬく 抜き取る 引きずり出す

arachnid n.,adj. クモ型類節足動物(の) 

electric field n.comp.電界 電場

repel 他動  (電荷など)をはじく 反発する 

         自動  (電気や磁石などが)反発しあう

blade n.c.(イネや麦などの穀物の)(薄く細長い)葉

protrude 他動 突き出す (...の上に)はみ出る

electrostatic repulsion n.comp. 静電反発力

sensory hair n.comp.感覚毛

trichobothria 固n.聴毛

air current n.comp.気流

gauge 他動 (大きさや量など)を正確に測定する, (人の能力や正確など)を判断/評価する

electrostatic force n.comp.静電(気)力

 

というわけで、久々の更新はクモのバルーニングについてでした!

ツイッターでこの論文が回ってきて、「面白いなー」と思っていたらThe Atlanticさんでも見つけたんです。

そういえば蜘蛛の巣つながりで思い出した、最近読んでいるこちらの本↓

ネットワーク科学 (サイエンス・パレット)

ネットワーク科学 (サイエンス・パレット)

 

こちらも面白いのでオススメです:D 

というわけで、今回はここまで!

おわり🌟

 

 

【本の話】最近1番笑った本

お久しぶりです!かつ丼です!

またまた日が空いてしまいました!

今回は久々に本の話シリーズです。図書館で偶然目に入って借りた本が、面白いのなんのって。思わず紹介したくなってしまったので、書きます。それがこちら↓の本!

そして、僕はOEDを読んだ

そして、僕はOEDを読んだ

 

 ニューヨークに住む著者のアモン シェイさん。

この方の趣味が、「辞書」を読むことなんだそう。これまで、趣味として英語辞典だけでなく類義語辞典や用語辞典、俗語辞典などなど、様々な辞書を集め読み漁ってきたそうです。

そんなシェイさんが読破しようと挑んだのが、全20巻からなる「オックスフォード英語辞典第2版」(通称OED)。AからZではなく、Aから最後の最後の参考文献のところまで。しかも、面白いと思った単語はきちんとメモをとりつつ読んだそうです。

この本はそんなOED読破に挑んだ1年間について書いた本なのです!

AからZまで各アルファベット毎に章立てしてありまして。

各章の後半には、その文字から始まる単語でシェイさんが「興味深い!」と思ったものとその意味(や時々由来)、そしてちょっとしたコメントが書かれています。この単語のチョイスといい、コメントも非常に面白い!「へー!」となったり大笑いしたり、クスッとしたり。「素敵!」となったり。本当に面白い!

例えば、

sympatetic 名詞 一緒に歩いている人。

psithurism 名詞 風で落ち葉がカサカサと音を立てること。

petrichor 名詞 長く雨が降らず、乾燥していたところに雨が降り、その問いに地面から上がってくる心地良いにおい。 

とか、impluviousとかhappifyとかsubtristとかundisonantとか素敵ですし、

「マジかよ!」となった単語では、pneumonoultramicroscopicsilicovolcanokoniosis(これで1単語です)とか

tricoteuse

名詞 編み物をする女性。特にフランス革命の際にギロチン処刑に参列し、たくさんの首が転がっている中でも座って編み物をする女性。

アモン・シェイ著 田中幸誠訳「そして、僕は、OEDを読んだ」

 とかね。

「はー!一語ですごいな!」となった単語では、

kakistocracy 名詞 最悪の市民による政治

zabernism 名詞 軍隊における権力の誤った使用、いじめや権利の侵害

ultra-crepidarian 名詞 自分の範囲、限界を超えて助言したり批判したりする人、無知な、でしゃばりな批評家 

アモン・シェイ著 田中幸誠訳「そして、僕は、OEDを読んだ」

とかsequaciousとか。思わず声に出して笑っちゃったといえば、

shot-clog 名詞  全員に1杯奢ってくれるので我慢してつきあう嫌な友人

unasinous 形容詞 ばかさ加減において相手と等しい

アモン・シェイ著 田中幸誠訳「そして、僕は、OEDを読んだ」

 とか、unconversableとかね。

 

そして、章の前半は、OEDを読み進める日々の様々なエピソードや、辞書編纂の歴史についてなんかが書かれています。

この前半の部分の本当に素直(?)な語り口が、とっても面白いです。シェンさんがOEDを読んでいて、腹が立ちそうになったとか、うんざりしたとか、吐きそうだとか。もちろん「楽しい!!!最高!!!!」な時も沢山あるけど、そうじゃない時だって、いくら好きな事に取組んでいる時でもあるものなんだなぁと、親しみが湧いてしまいます。

さて、どんなことに腹が立ったのか?うんざりしたのか?吐きそうだったのか?

気になった方、ぜひぜひこの本を読んでみてくださいな:D

そして、先ほど挙げた単語の幾つかは、あえて意味を書きませんでした。笑

気になった方、ぜひ調べてみたり、できれば!!いや。

むしろ!この本を読みながら遭遇してみてください:D 

一緒に全20巻21,730ページを読みきったような気分にもなれます!笑

最後のZの章に近づくにつれて、実際には読んでいない自分まで、「あと少し!あと少し!!!!あと少しだ!!フーーー!!!」って思ってしまいました。

 

最後の「訳者あとがき」にも、今回この本を翻訳してくださった田村さんが、どうやってこの本に出会ったのかについて面白いエピソードが書かれています。

OEDではありませんが、最初から最後まで本当に楽しめる1冊です。

ぜひ、読んでみてくださいな:D

(もっかいリンク載せとこ) 

そして、僕はOEDを読んだ

そして、僕はOEDを読んだ

 

 おしまい🌞

 

 

 

NYTより ついつい、 のお話

さてさてこんばんは!

シナモンロールが異様に大好き、かつ丼です。

なぜ突然シナモンロールかというと、まあまあ!紹介する記事を読んでみてくださいな:)

というわけで、今回もおなじみThe New York Timesから、Julia Moskinさん著のこちらの記事を紹介させていただきます。ちなみに、この画像とてもかわいい。

www.nytimes.com

さて。

どうしてもやらなきゃいけないことがあるけど、ついつい先延ばしにしてしまうことってありませんか?そんな時に限って、無性に掃除したくなったり、他のことをしたくなったりって。 

この「今すべきことじゃないのに、やっちゃう行動」の1つとして最近名付けられたのが、 procrastibake というものなんだそう。インスタグラムでも、♯procrastibakingとして流行っているそうな。

果たしてprocrastibakeとは一体なんなのか?

おすすめのprocrastibake方法とは?

思わずこれにはまってしまう理由とは?

について、procrastibakeにはまっている色々な、そして時にびっくりな職業についている方の、procrastibakeにまつわるエピソードと共に書かれた非常に面白い記事なので、ぜひぜひ読んでみてくださいな:D 

単語のお話:

procrastinate 他動 を引き延ばす に手間取る

cookie sheet n.comp.(ビスケットなどを焼く)焼き型

low-stakes adj. 少額の

break up the (entire) day 句 一日暇をつぶす 

time suck

n.comp.時間の浪費を招く/につながる活動、時間が無駄になる/時間を吸い取られてしまう事柄

demonstrably ad.はっきりと 確実に 明らかに

jerk around 句 無駄に時間を過ごす / (人)を騙す を悩ます

cinamon bun n.comp.シナモンロール

kitchen-sink adj. ありとあらゆるものを材料にした

on hand 句 手元にある 持っている

crimp a crust 句(パイの縁の)ひだをつける ある形に癖をつける

do a drill 句 訓練を行う 練習をする

 

bun のお話

単語のお話で紹介した単語、cinamon bunのbun。

辞書で調べたところ、イギリス英語とアメリカ英語それぞれで意味が違うそうなんです。イギリス英語では「(小さくて丸い)菓子パン」、アメリカ英語ではハンバーガーのバンズとしてよく使われる「ロールパン」を意味するそうです。

と、いうことでamerican bunとbritish  bunで画像検索してみました!

いやーびっくり!本当に結構違うんですよ!というわけで、気になった方はぜひ、それぞれ画像検索してみてください:D  

 

 

おしまい☀️

 

なんじゃこりゃ! のお話

こんばんは!

最近少しずつ、でも確実に夏に近付きつつあることもあって、お菓子売り場にポッキーのココナッツ味が並ぶようになりましたね!いやー、これ去年食べてから大好きなんです。1年待ってました。美味っっしいのでぜひ食べてみてくださいな☺️

まあそれはさておき、本題に。久々に記事の紹介です!

www.nytimes.com

紹介:

突然ですが、ニューヨークタイムズの「クロスワードパズル」ってご存知でしょうか。海外ドラマをよくご覧になる方は、セリフとかで聞いたことがあるかもしれません。

今回紹介するのは、そんなクロスワードパズルに関連した記事です。

というのも、クロスワードパズルって日本語でも聞いたことがないような言葉が答えの時ってありますよね。ニューヨークタイムズには、そんな「なんじゃこりゃ」なクロスワードパズルの答えの単語について、その意味はもちろん、由来や歴史、クロスワードでの出題例を解説した連載があるんです。 

それがこのWhat the Heck Is That?でして。

というわけで、今回はこの連載から、英単語babaの回を紹介させていただきます!✨「babaって一体なんだ!?」と思われた方、もとの記事を読んでみてくださいな:D 

短くコンパクトな連載なので、長さとしてはとても読みやすいです。ただ、毎回なかなか意味が見つからないような固有名詞も出てくるんですよね.. そこはまあ、楽しんで調べちゃってください!!笑 それか、下の単語のお話が参考になれば幸いです。

単語のお話:

baba  固n.(お菓子名)ババ

Stanislaw  人名 スタニスワス1世レシチニスキ

partial adj.  (やや古)(to...が)とても好きな

of choice 句一般に好まれる / えり抜きの 最適な

popularize 他動 を大衆化する を社会に広める

Alsatian Gugelhupf cake n.comp.アルザス(地方)のクグロフケーキ

Bundt cake n.comp. バントケーキ

Bundt pan n.comp. バントパン(リング状のケーキの型のこと)

 

というわけで、久しぶりの記事の紹介でした!

書き始めるまで、なんだかもう書けないような漠然とした不安があったのですが、あーよかった。今1本書き終わって、少し安心しました。あーよかった。笑

というわけで、おしまい☔️

 

 

9000だ!!!!!!!!!👀

そういえば、総アクセス数が先日9000を達成していました!

ありがとうございますー!

今後も翻訳の技術をなんとか向上させつつ、色々な記事を紹介できるよう楽しみつつ続けていこうと思います。

おわり☔️

 

最近のマイブーム曲⑦

どうもお久しぶりです!生きていました、かつ丼です。

2ヶ月ちょっと前から慣れないことが始まりまして。それに付いていくのがいっぱいいっぱいになってしまい、なかなかその中でブログが書けなくなっていました。

というわけで、久しぶりの更新なので、ストレッチがてら最近のマイブーム曲について書きます。

というわけで、マイブーム曲1曲めはこちら!

Lost in Japan

Lost in Japan

  • ショーン・メンデス
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

もー最近夢中ですShawn Mendes。

Apple Musicのなんというか、デザイン的な使いにくさとなんだか新しい曲の探しにくさと。「なんだかどうにも使いづらいなぁー!」というのがついに爆発して、Spotifyにしてしまいました。

そうして遭遇したのが、Shawn Mendesのこちらの曲!

最初にピアノのイントロが20秒続いてから、くいっとアップテンポな感じに切りかわって。そこから恋しくてしょうがないような、大好きで仕方なくて思わずにやけているような、でも同時に切ない感じがするような声で歌ってくれるわけです。I got an idea のIの歌い方がもう。

初めて聞いた時、もう「うわー!最高!」って思わず終始涙目になってしまいました。 

なんだか、水色と明るいピンクを混ぜたような色の空の蒸し暑い夕方に、髪の毛を風が通る感じの曲です。嫌じゃないけど、「そういう季節かぁ」と思うような1日の終わりのちょっとした蒸し暑さです。

あ、こちらのテレビ番組で歌ったバージョンも最高です。(最初のピアノの部分のテンポが少し早すぎるけども)


Shawn Mendes: Lost In Japan #LateLateShawn

苦しい感じの高い声より、大好きとか嬉しさでしゃあないっていう感じが溢れてる高い声が大好きです。そんな声を持ってる歌手の方の中でも、個人的にピカイチですShawn Mendez

2曲めはこちら。

Paris In the Rain

Paris In the Rain

  • ラウヴ
  • ポップ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes
 

さて今は梅雨の季節。

この時期にまずタイトルからぴったりで気に入ってしまって。 

それ以外に歌詞の素敵さはもちろん、全体的に霧雨の中のライティングパッドの色のレインコートか、爽やかだけどしっとりしたロイヤルブルー色の傘みたいな雰囲気がして、大好きです。

Fallin' All in You

Fallin' All in You

  • ショーン・メンデス
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

さて3曲めはこちら。

もーなんなん声の種類!としか言いようがないShawn Mendes。すこし恐々としたような、おずおずとしたような切ない感じでも歌えるんですか!ちなみに歌詞に出てくるブラインドの羽根は、きっとちょっとグレーっぽい縦向きのブラインドだと勝手に思っていますかつ丼です。

調べたところ、ブラインドの羽根のパーツにはスラットという名前が付いているそうです。まじか。

さて最後2曲はこちら。

Carolina Carol Bela

Carolina Carol Bela

  • provided courtesy of iTunes

 

Não Me Deixe Só

Não Me Deixe Só

  • Vanessa Da Mata
  • ブラジル
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

雨の日続きで少しどよんとした気分だった時に偶然聞いて、気に入った曲です。

なんというか、映写機のフィルムで撮った映像とか、ネーブルオレンジとかブラッドオレンジをぐわっっと絞ったような雰囲気がして好きです。

 

というわけで、久々の更新でした。

記事の紹介の記事(ややこしいな)も、単語のお話だけを書いた下書きがたまっているのですが、どうにもなかなか進みません。

ま、気長にやめないように、細々と続けます。

おわりっ☔️