NYTより ついつい、 のお話

さてさてこんばんは!

シナモンロールが異様に大好き、かつ丼です。

なぜ突然シナモンロールかというと、まあまあ!紹介する記事を読んでみてくださいな:)

というわけで、今回もおなじみThe New York Timesから、Julia Moskinさん著のこちらの記事を紹介させていただきます。ちなみに、この画像とてもかわいい。

www.nytimes.com

さて。

どうしてもやらなきゃいけないことがあるけど、ついつい先延ばしにしてしまうことってありませんか?そんな時に限って、無性に掃除したくなったり、他のことをしたくなったりって。 

この「今すべきことじゃないのに、やっちゃう行動」の1つとして最近名付けられたのが、 procrastibake というものなんだそう。インスタグラムでも、♯procrastibakingとして流行っているそうな。

果たしてprocrastibakeとは一体なんなのか?

おすすめのprocrastibake方法とは?

思わずこれにはまってしまう理由とは?

について、procrastibakeにはまっている色々な、そして時にびっくりな職業についている方の、procrastibakeにまつわるエピソードと共に書かれた非常に面白い記事なので、ぜひぜひ読んでみてくださいな:D 

単語のお話:

procrastinate 他動 を引き延ばす に手間取る

cookie sheet n.comp.(ビスケットなどを焼く)焼き型

low-stakes adj. 少額の

break up the (entire) day 句 一日暇をつぶす 

time suck

n.comp.時間の浪費を招く/につながる活動、時間が無駄になる/時間を吸い取られてしまう事柄

demonstrably ad.はっきりと 確実に 明らかに

jerk around 句 無駄に時間を過ごす / (人)を騙す を悩ます

cinamon bun n.comp.シナモンロール

kitchen-sink adj. ありとあらゆるものを材料にした

on hand 句 手元にある 持っている

crimp a crust 句(パイの縁の)ひだをつける ある形に癖をつける

do a drill 句 訓練を行う 練習をする

 

bun のお話

単語のお話で紹介した単語、cinamon bunのbun。

辞書で調べたところ、イギリス英語とアメリカ英語それぞれで意味が違うそうなんです。イギリス英語では「(小さくて丸い)菓子パン」、アメリカ英語ではハンバーガーのバンズとしてよく使われる「ロールパン」を意味するそうです。

と、いうことでamerican bunとbritish  bunで画像検索してみました!

いやーびっくり!本当に結構違うんですよ!というわけで、気になった方はぜひ、それぞれ画像検索してみてください:D  

 

 

おしまい☀️

 

なんじゃこりゃ! のお話

こんばんは!

最近少しずつ、でも確実に夏に近付きつつあることもあって、お菓子売り場にポッキーのココナッツ味が並ぶようになりましたね!いやー、これ去年食べてから大好きなんです。1年待ってました。美味っっしいのでぜひ食べてみてくださいな☺️

まあそれはさておき、本題に。久々に記事の紹介です!

www.nytimes.com

紹介:

突然ですが、ニューヨークタイムズの「クロスワードパズル」ってご存知でしょうか。海外ドラマをよくご覧になる方は、セリフとかで聞いたことがあるかもしれません。

今回紹介するのは、そんなクロスワードパズルに関連した記事です。

というのも、クロスワードパズルって日本語でも聞いたことがないような言葉が答えの時ってありますよね。ニューヨークタイムズには、そんな「なんじゃこりゃ」なクロスワードパズルの答えの単語について、その意味はもちろん、由来や歴史、クロスワードでの出題例を解説した連載があるんです。 

それがこのWhat the Heck Is That?でして。

というわけで、今回はこの連載から、英単語babaの回を紹介させていただきます!✨「babaって一体なんだ!?」と思われた方、もとの記事を読んでみてくださいな:D 

短くコンパクトな連載なので、長さとしてはとても読みやすいです。ただ、毎回なかなか意味が見つからないような固有名詞も出てくるんですよね.. そこはまあ、楽しんで調べちゃってください!!笑 それか、下の単語のお話が参考になれば幸いです。

単語のお話:

baba  固n.(お菓子名)ババ

Stanislaw  人名 スタニスワス1世レシチニスキ

partial adj.  (やや古)(to...が)とても好きな

of choice 句一般に好まれる / えり抜きの 最適な

popularize 他動 を大衆化する を社会に広める

Alsatian Gugelhupf cake n.comp.アルザス(地方)のクグロフケーキ

Bundt cake n.comp. バントケーキ

Bundt pan n.comp. バントパン(リング状のケーキの型のこと)

 

というわけで、久しぶりの記事の紹介でした!

書き始めるまで、なんだかもう書けないような漠然とした不安があったのですが、あーよかった。今1本書き終わって、少し安心しました。あーよかった。笑

というわけで、おしまい☔️

 

 

9000だ!!!!!!!!!👀

そういえば、総アクセス数が先日9000を達成していました!

ありがとうございますー!

今後も翻訳の技術をなんとか向上させつつ、色々な記事を紹介できるよう楽しみつつ続けていこうと思います。

おわり☔️

 

最近のマイブーム曲⑦

どうもお久しぶりです!生きていました、かつ丼です。

2ヶ月ちょっと前から慣れないことが始まりまして。それに付いていくのがいっぱいいっぱいになってしまい、なかなかその中でブログが書けなくなっていました。

というわけで、久しぶりの更新なので、ストレッチがてら最近のマイブーム曲について書きます。

というわけで、マイブーム曲1曲めはこちら!

Lost in Japan

Lost in Japan

  • ショーン・メンデス
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

もー最近夢中ですShawn Mendes。

Apple Musicのなんというか、デザイン的な使いにくさとなんだか新しい曲の探しにくさと。「なんだかどうにも使いづらいなぁー!」というのがついに爆発して、Spotifyにしてしまいました。

そうして遭遇したのが、Shawn Mendesのこちらの曲!

最初にピアノのイントロが20秒続いてから、くいっとアップテンポな感じに切りかわって。そこから恋しくてしょうがないような、大好きで仕方なくて思わずにやけているような、でも同時に切ない感じがするような声で歌ってくれるわけです。I got an idea のIの歌い方がもう。

初めて聞いた時、もう「うわー!最高!」って思わず終始涙目になってしまいました。 

なんだか、水色と明るいピンクを混ぜたような色の空の蒸し暑い夕方に、髪の毛を風が通る感じの曲です。嫌じゃないけど、「そういう季節かぁ」と思うような1日の終わりのちょっとした蒸し暑さです。

あ、こちらのテレビ番組で歌ったバージョンも最高です。(最初のピアノの部分のテンポが少し早すぎるけども)


Shawn Mendes: Lost In Japan #LateLateShawn

苦しい感じの高い声より、大好きとか嬉しさでしゃあないっていう感じが溢れてる高い声が大好きです。そんな声を持ってる歌手の方の中でも、個人的にピカイチですShawn Mendez

2曲めはこちら。

Paris In the Rain

Paris In the Rain

  • ラウヴ
  • ポップ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes
 

さて今は梅雨の季節。

この時期にまずタイトルからぴったりで気に入ってしまって。 

それ以外に歌詞の素敵さはもちろん、全体的に霧雨の中のライティングパッドの色のレインコートか、爽やかだけどしっとりしたロイヤルブルー色の傘みたいな雰囲気がして、大好きです。

Fallin' All in You

Fallin' All in You

  • ショーン・メンデス
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

さて3曲めはこちら。

もーなんなん声の種類!としか言いようがないShawn Mendes。すこし恐々としたような、おずおずとしたような切ない感じでも歌えるんですか!ちなみに歌詞に出てくるブラインドの羽根は、きっとちょっとグレーっぽい縦向きのブラインドだと勝手に思っていますかつ丼です。

調べたところ、ブラインドの羽根のパーツにはスラットという名前が付いているそうです。まじか。

さて最後2曲はこちら。

Carolina Carol Bela

Carolina Carol Bela

  • provided courtesy of iTunes

 

Não Me Deixe Só

Não Me Deixe Só

  • Vanessa Da Mata
  • ブラジル
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

雨の日続きで少しどよんとした気分だった時に偶然聞いて、気に入った曲です。

なんというか、映写機のフィルムで撮った映像とか、ネーブルオレンジとかブラッドオレンジをぐわっっと絞ったような雰囲気がして好きです。

 

というわけで、久々の更新でした。

記事の紹介の記事(ややこしいな)も、単語のお話だけを書いた下書きがたまっているのですが、どうにもなかなか進みません。

ま、気長にやめないように、細々と続けます。

おわりっ☔️

 

NYTより 焼く前のシャケ色 のお話 後半

 

さて、後半は単語のお話です!大変長いです!

www.nytimes.com

単語のお話:

whitewash 他動 にしっくいを塗る / を取り繕う

     n.u.cうわべだけのごまかし 事実を隠すこと

     n.c.しっくい

gear    他動 …を適合させる(to,foward, for…に)

balmy       adj.  (風邪や外気などが)さわやかな 温和な 穏やかな すがすがしい

neutral     adj. (色が)くすんだ 中間色の (性質や特徴が)はっきりしない 目立たない 

tchotchke   n.(装飾用の)安価な小間物 見かけ倒しのもの

clamor        n.c.(集団の)やかましい声 大きな叫び声 

solid           adj. (色彩が)同一の 一様な 無地の

rarefield     adj. (雰囲気やグループなどが)高尚な 鼻持ちならない お高くとまった

dyestuff     n.染料

quinine      n.u.キニン キニーネ キニーネ

viscous     adj. (液体が)粘性の(ある) 粘性の高い

mauve       n.u. 藤色 青みがかった薄紫色 藤色のアニリン染料

dye house   n.comp.染物工場

textile mill    n.comp. 織物工場

compile    他動…を収集/編集する / を編集/編纂する

tame        他動 (土地や川、天然資源など)を完全に利用できるようにする を制御する

squat       adj. (建物などの高さが)低い 

industrial section   n.comp.工場/工業地域

for its own sake    句 それ自体は

noncomformity      n.u.(慣習などに)従わないこと 不調和

occasion 他動…を起こさせる …を生じさせる

chromatic adj.  色彩の 着色/彩色した

blandness n.個性/面白み/精彩のなさ 平凡さ

batch        n.c.(処理や生産の)一度分 ひと束 一群

color standard      n.comp.色度標準

light box   n.comp.(写真用語)ライトボックス

spectrophotometer       n.分光光度計

hermetically ad.密閉して

engender     他動 …を生じる を生じさせる

off-label       adj. 認可されていない

tread           他動 …を歩く を歩いていく

circumpspect adj. 慎重な / 用意周到な

caliber        n.u.能力 度量 特質 特色

caniferous  adj.  針葉樹の 

well-to-do  adj. 裕福な

passing resemblance n.comp. 偶然の類似(性)

reverence   n.u.(for…への)尊敬 崇敬 敬愛

immaterial  adj. 重要でない 取るに足りない

stock in trade n.comp.常用手段 固n.の技能 おはこ 持ち前とすること

eonまたはaeon n.c.(通例複数形で)非常に長い期間 永劫

field            他動(質問など)に上手く受け答えする

weight        n.u.重要さ 重み 影響力

unflappable adj. 動揺しない 冷静な 落ち着いた

flip              adj. (意見などが)軽薄な (態度などが)無礼な 生意気な

pronouncement n.c.(…についての/…の)意見 宣言 : 決定 判決(about/on)

phrenology n.u.骨相学

cold fusion n.comp.常温核融合

self-perpeturating  adj. 自己永続的な 尽きることがない 

smoke and mirrors n.comp.巧妙なトリック 嘘 / 人を欺くもの でまかし

 

以上、焼く前のシャケ色のお話 でした:D 

それでは、今回はここまで!

おしまい🌸

NYTより 焼く前のシャケ色 のお話 前半

どうもお久しぶりです!日が空いてしまい、久々の更新です。

先日暖かかったので靴下を履かず素足で料理をしていたら、そんな日に限って熱々のタレがいい感じに絡んだしめじが、鍋を「よっ」と振るった瞬間フライパンから飛び出しまして。

剥き出しの足に直撃して、悶絶しました。ああいう時って無言になるもんなんですね😇

しめじあの「ぷりぱつっ」とした感じ、意外な暴力性がすごいです。

というわけで最近フライパンの上のしめじが怖い、かつ丼です。

久々にThe New York Timesから、Bruce Falconerさん著のこちらの記事を紹介させて頂きます!

www.nytimes.com

紹介:

突然ですが、「青色って好き?」

そう聞かれた時、どんな「青」を考えましたか?

明るいレモン色寄りの青でしょうか?

それとも、藍色みたいに黒や紫に近いような青でしょうか?

それとも淡いグレーに近いような青でしょうか?それとも緑寄り?

と、こんな感じに一言に〇〇色といっても、同じ色を思い浮かべることってそうそうありませんよね。

でも、自分が思っている色が他の人に正しく伝わらないと大変困る時ってありますよね!例えば、「ピンクのパッケージ」って言っても、オレンジよりか、ブルーよりか、赤よりか、茶色よりか黄色よりかで、大きく印象も変わってしまいますし。

かといってそのニュアンスを一生懸命に伝えても、それも正しく伝わるかどうか...😩

そんなわけで、今回はそんな時に必須の「色見本」についての記事を紹介させて頂きます!✨

色見本を製造しているパントン社について、今回の記事は来年(!)の春夏の色を決める話し合いから始まります。そして、

・色見本の重要性や意外な使い方

・パントン社の歴史や事業の移り変わり

・色見本ができるまで

・世の中での色の重要性の変遷

・一体どんな人がこの色見本を使っているのか

・パントン社で長年働くある女性の、キャリアパスなどについてのインタビュー

と、大変大変盛りだくさんの記事になっております:D 

私的にとりわけ面白かったのは、色見本の製造過程の箇所で書かれている、パントン社の社員さんが毎年受検しなくてはならないあるテストについてでした。記者の方が試しに受けてみた結果についても、もちろん書かれています!

というわけで、色見本やパントン社に興味を持ってくださった方、ぜひぜひ元の記事をよんでみてくださいな:D 

単語のお話:

長くなってしまうので、後半に分けます:) 

 

おまけ:

小さい頃パントン社の携帯?を見て、パントン社の色見本っていう物があるのを知りまして。何に使うでも無いのですが、以来ずっと人生の欲しいものリストに入っています。笑

しかしまー数万円から一番高いのだと128万円というね!

でも本当に素敵なんですよ〜色見本!見てるだけで幸せになれます。

ちなみに今回のタイトル「焼く前のシャケ色」。先日親友のココアちゃんとの散歩中に、ココアちゃんが夕方の太陽を見て「あれは焼く前のシャケ色だね〜」って言ってたところから引っ張ってきました!✨

他にも「クッキーアンドクリーム色の犬」とか出ました。素敵。

ココアちゃんとは、冬は音楽を聴いて脳内PVで坂口健太郎に着せるニットの色についてしょっちゅう話してました。癒ししかなかった✨いやーココアちゃん大好きです。

 

 

というわけで、後半へつづく🌱

 

 

NYTより どうして「分かる」のか分からない? のお話

こんばんは!

先日、ずっと探していたお菓子がついに再び売っているのを見つけて、もう嬉しさが大変なかつ丼です。

今回もThe New York Timesより、Cade Metzさんのこちらの記事を紹介させていただきます!いやーNYTのアプリを開くと必ず面白い記事があるので、他のメディアも意識してないと本当に偏り気味になってしまいますね…どうしたものか悩みながら続けています。

www.nytimes.com

紹介:

 突然ですが、医療スキャンの診断や、顔認識、話言葉の理解など、大量の情報を分析して学習するニューラルネットワークを使って、様々な事ができるようになっているのを最近よく耳にしますよね!

 そして今後も、この技術が適用される分野は拡大するだろうと言われている一方、そこからまた新しい問題があるそうなんです。というのも、認識でも理解でも、機械がどうやってその結論にたどり着いたのか、そのプロセスは実はわかっていないそうなんです。

 が、この謎がアメリカの研究所で少し解明できたかもしれないってお話が、今回紹介させていただいている記事です。

 それ以外にも、ニューラルネットワークのざっくりした説明と歴史や、なぜこのプロセスの理解が重要なのか?ということについても書かれていて、とても面白いです!

  なぜ重要だと思います?

 思わず「あーなるほど確かに…!」という事が書かれているので、気になった方、ぜひぜひ読んでみてくださいな:D 

 また、記事の中である画像が何の画像なのか識別するまでのプロセスが、写真を使って説明されていまして。その箇所も本当に不思議で面白いです。

 というわけで、ぜひ元の記事を読んでみてくださいな!

単語のお話: 

adversarial exampleくらいだと思うのですが、この単語の日本語訳が見つかりませんでした…そのままadversarial exampleって、英語表記のままで結構使われているみたいです😢

一見人の目にとっては普通の画像なのですが、機械にとってはそう見えない、正しく機械に認識させないための、悪意ある仕掛けが画像の中に組み入れられている画像の事だと思います。めっちゃざっくりですみません…

調べれば調べるほど、なんだか数式やらギリシャ文字がめっちゃ出てくる…😇

 

 

何かが「分かる」ってどういうことなんでしょうね。

まあこの話も長くなりそうなので、今回はきりよくここまでで。笑

おしまい🌱