WIREDより 嘘を真実に見せかけたいのなら のお話part2

  なんだか一つの記事にするには長すぎたので、試験的にpart1と2に分けてみました。引き続き、WIRED USからEmily Dreyfussさん著「嘘を真実に見せかけたいのなら」です。

www.wired.com

単語のお話: glitch(n.c. 突然の故障/軽い事故 小さな技術上の問題)  carnage(n.u. 大虐殺 殺戮 (大量の)死体)  task force(n. 特別対策本部 特別委員会 作業部会 対策本部)  Pew Research Center(固有n ピューリサーチセンター(アメリカの世論調査機関だそうです))   plausible(形 妥当な 納得のいく もっともな/もっともらしい まことしやかな 見かけは信用できる)  contraption(n.c. (機械などの)工夫 珍奇なからくり/機会) tagline(n.c. 結び文句 スローガン)  staple(形 主要な 中心的な/おきまりの いつもの n.c. 必需食料品 主要産物/主要素)  flack(n.c. 宣伝/広報/報道係)  jibe with...(...と一致する ...と調和する)  paradoxical(形 逆説の 逆説的な/矛盾した)  run on...(...に及ぶ を主題とする ...を問題にする ..を話題にする)  law-and-order(形 厳しく取り締まる 治安強化の 治安の)  damn(他動 (人物事)をだめだと判定する 非難する けなす を酷評する)  fall prey to...(句...の犠牲になる)   look into...(句...を詳しく調べる と探査/調査/研究/検討する)   too much work( 手がかかりすぎる 手に負えない 面倒臭い)

 元の記事にGodwin's Lawっていう単語が出てくるのですが。日本語だと「ゴドウィンの法則」だそうです。そのままですが、まあ固有名詞ですのでしょうがない!笑 この Godwin's Lawというのは1990年Mike Godwinさんが発見したものだそうで、一体どういうものなのかというと、Oxford Dictionariesによれば

The theory that as an online discussion progresses, it becomes inevitable that someone or something will eventually be compared to Adolf Hitler or the Nazis, regardless of the original topic.

‘correcting others' errors, especially online, can quickly lead to invocations of Godwin's law’

(: インターネット上で議論が長期化するにつれて、そもそものテーマが何であれ、何者か又は何かがヒトラーナチス呼ばわりされる法則 のこと)

- Oxford Dictionaries より

en.oxforddictionaries.com

だそうです!! ご存知でした?いやー私知らなかったです😲面白い法則があるものですね。どうやって研究して見つけたんでしょうかそういえば...

  今回この記事を紹介するにあたって、WIRED日本版様には大変お世話になりました。Conde Nastさんの著作権関連の問い合わせ先からなかなかお返事がいただけなくて、英語の利用規約の条項も難しく途方に暮れていたところ、本当に迅速に対応してくださいました。本当にこの記事を紹介させていただきたかったので、感謝しても仕切れません。

  WIRED日本版最新号は「Before and After Science サイエンスの行方」特集です。「AIがノーベル賞を取る」と「CRISPR-Cas9 遺伝子編集 科学とビジネスと倫理の迷宮」の2つの特集に惹かれて買っちゃいました!全く明るい分野じゃないので読むスピードが悲しいくらい遅いですが、とても面白いです!是非是非WIRED日本版もチェックしてみてください:) 

 おわりっ

WIREDより 嘘を真実に見せかけたいのなら のお話 part1

  こんばんはー!いやー記事紹介の記事、大変日にちが空いてしまいました。

  なぜかといいますと、今回紹介するWIRED USの記事を紹介するにあたって、利用規約を読んでいたんですけどもブログで紹介することがそれに違反するかどうかいまいち分からなかったんです。

  そこで、アメリカの方へ問い合わせるも音沙汰なし(当然といえば当然か 笑)。しょうがないと利用規約と格闘すること数日(結局分からず)。

  そして昨日「日本版EWIREDさんに聞いてみよう!!何で思いつかなかったんだ!」と思いついて、望み薄でしたがメールで問い合わせてみたところ、本当に本当に迅速に対応して頂けまして。半日で解決しましたっ!本当に有難うございました...! 今回の記事を紹介して大丈夫ですとのお返事を頂きましたーっ!

  というわけで今回はWIRED USからEmily Dreyfussさん著 「嘘を真実に見せかけたいのなら」です。

www.wired.com

 紹介: さてさて、人間には、何度も繰り返されることでそれを真実であると錯覚してしまうIllusionary Truth Effectという認知の歪み?狂いがあるそうなんです。しかも、このIllusionary Truth Effect、疲れている時や注意散漫な時にさらに強力になるそうで。

  なぜこのようがことが起きるのかといいますと。そもそも人間がある事を真実であるか判断しようとする時に、①その情報が既に理解している事と一致しているか、そして②聞き覚えがあるか、という2つに頼っているからだそうなんですね。

  この②がポイントでして。聞き覚えがあるかどうかをもって真実だと判断するはずが、その逆に、幾度となく耳にするうちに真実だと思ってしまうということが起きるそうなんです。これでIllusionary Truth Effectが起きるそうなんです。(なんだか自分で書いていても分からなくなってきた...)

  そこでこの記事ではこの認知の歪みを紹介するとともに、トランプ大統領の一連の嘘の情報に基づいた発言や嘘の報道や、歴史とIllusionary Truth Effectの関連についても触れられています。とても面白い記事ですので、是非是非読んでみてください:) 

 

長くなるのでpart2に続きます

→part 2へ

 

【本の話】Kathleen Flinnさん著 The Sharper Your Knife, the Less You Cry

  Ta-dah!! 新シリーズ【本の話】です。

  「おいおい記事紹介はどうしちまったんだ」というお話がありそうですが、現在お分かりの通り滞っております。理由は「どうしてもこの記事をまず紹介したいんですっ!」という私の融通の利かない頑固さと、あとは英語力不足といったところです。。゚(゚´ω`゚)゚。悲しいかな。

  というわけで続くかどうかはさておき、新シリーズ【本の話】。第1冊目はKathleen Flinnさん著のエッセイ、The Sharper Your Knife, the Less You Cry です。

    著者のKathleen Flinnさんが、36歳にしてLe Coldon Bleuに入学してフランス料理を勉強した実体験について綴ったエッセイです。ノンフィクション!!

  出張から帰ってすぐ会社をクビになるところから第1章が始まります。クビになったと話すと、半狂乱になってすぐに次の仕事をみつけなきゃ!という母、「いい休みよー」という絶賛子育て中の友達。さてどうしようかと悩んでいるところ、当時遠距離恋愛中だった彼氏 (今の旦那さん!ここも素敵!) が「じゃあパリに行って、Le Coldon Bleuに通ったらいいよ」と衝撃の提案をしまして。

  Kathleenさんも「何言ってんの!?」とは思ったそうなんですが。昔その彼氏さんに「人生で何でも、何でもできるとしたらLe Coldon Bleuで勉強したい」と話していたそうで。すると更に「結婚もしてない、子供もいない、仕事もないんだから、なんで考えつかなかったの!?」と続ける彼氏。お金は何とかなるとして、「パリに知り合いもいないし。。」とKathleenさんが言うと、彼氏まさかの、

  「じゃあ一緒に行くよ!!」

  まじか。こんな人実在するのかと思われたでしょうが、するんです。なんなんだ。どこにいるんだ。

  その後、「じゃあホームページを見るくらいなら..」「入学条件....満たしてるな..」「志望動機書けちゃったな..」「送信する?送信...!?」とトントン拍子でエンターキーを押して3日後。2004年Basic Cuisineのコースに入学が決まったそうです。ちなみに、彼氏さん本当に仕事休んでパリに越してきます。笑

  この後は、1章1授業?エピソード?1レシピの構成になっています。オーブンから取り出した時に床に落っことした鳥料理を、ばれてないからって先生に味見させたり、学校の近くにいたホームレスの方に残った料理をあげたら「塩が足りないね 笑」って指摘されたり、二日酔いの日に授業でイカを捌いて内臓取ったりなどなど。

  料理の描写も本当にいい香りがしてくるような表現になっていて。各章の終りにあるレシピも読んでいるだけでもー幸せです。そんなバラエティ豊かなエピソードで一杯で、どんどん読み進めてしまいます。

  そして何より楽しみながら英語の勉強にもなります!

  料理系の固有名詞、動詞、形容詞の勉強にぴったりです!

  そういえば、読んでいて思い出したのがこちらの映画。「ユーガットメール」のノーラ エフロン監督の「ジュリー&ジュリア」。Julia ChildもLe Coldon Bleuに通っていて、今回紹介した本にも少し登場するという嬉しい偶然がありまして。結構前に観たのですが、本当に美味しそうな料理を作ったり、美味しそーっに食べる個性的で素敵なJuliaに、料理に試行錯誤して失敗してブチ切れるJulie。主人公2人共、それぞれとても親しみの持てる可愛らしさがあって、それと同時に2人共尊敬できる大変いい話です。是非観てみてくださいな:) 


ジュリー&ジュリア - 予告編

   この映画のベースになってる本に、My Life in FranceっていうJulia Childの回想録がありまして。ああーこの本も本当に面白そうで。積ん読がまた増えそうです。

My Life in France. Julia Child

My Life in France. Julia Child

 

   The Sharper Your Knife, the Less You Cry、実はまだ読みかけなのですが、美味しいもの食べると「これ食べてみて!」となる(らしい)じゃないですか。その心理で。「これ面白いから読んでみて!」です。あまりにも読んでいて楽しいので、思わず【本の話】第1冊目としてブログに書いてしまいました。是非読んでみてくださいね:)

  あ!遅くなりましたが、日本語版もあります!

36歳、名門料理学校に飛び込む!―リストラされた彼女の決断

36歳、名門料理学校に飛び込む!―リストラされた彼女の決断

 

  ちなみに私は食べ物は絶対人と分けたくないタイプです←

  おわりっ

【どうでもいい話】BBCNews 〜日本の「婚活」特集〜

 こんばんは:) 

 今、BBCのアプリBBC Newsでラジオを聞きながら書いています。

 もう終わってしまったのですが、先ほどまで放送されていた特集のテーマが、日本の「婚活」についてでした。結構長い特集だったのですが、いや〜聴いていて辛いと同時に面白いです。

 政府による婚活etcへの支援(というかもはや介入?笑)、伝統的な家族観と対立する現代の恋愛観、中央大学社会学の先生の意見や、婚活の主催者や参加者両方の意見、AV監督へのインタビュー(本当です)、日本社会の結婚の捉え方、若者の賃金問題、男女それぞれに伸し掛る「こうあるべき」っていう社会的呪い、子供を持つことにって女性が直面する壁、男性の育児休暇取得、人口問題についてなどなど!だらだら書いてしまいましたが、本当に様々な分野から「婚活」というものにアプローチして分析していました。

 英語で聴くとまだ(個人的に)「英語の勉強になるし...!」という理由で聴けるのですが、分析の的確さが辛い。聴いていて辛い 笑

 こんな紹介の仕方でなんですが、BBC Newsってアプリ、おすすめです!!

 すみません。今度また紹介し直すと思います。笑

 おまけ:

 婚活って英語ではspouse huntingだそうです。huntingか..そっか..まあ「活」なんて聞こえのいい言葉を使ったところで、huntingですよね..的確か...(遠い目) ナイス英訳ですね 笑

  おわりっ

LeMondeより ルーブル美術館付近での襲撃事件について のお話

⚠︎事件発生日を間違えており、訂正しました⚠︎

こんばんは。

それはそうと3日にルーブル美術館付近でパトロール中の兵士?が負傷した襲撃事件がありましたね。というわけで今回紹介するのはLe Mondeより

www.lemonde.fr

紹介: 今月3日午前10時前、パリのルーブル美術館付近のカルーゼル広場の商業用アーケードで、鉈(なた)を持った男がパトロール中の兵隊を襲撃する事件が起きました。兵隊1人(刃物を使わず)に襲いかかって頭部に軽傷を負わせた後、他の兵隊が犯人に向かって4度発砲し重傷を負わせたそう。犯人は現在入院中です。

  携帯電話やビザ取得者の生体認証のデータベースが正しければ、犯人はUAE在住のエジプト国籍の29歳男性。2016年11月にドバイにあるフランス領事館で、1ヶ月の観光ビザを取得していたよう。その後、先月26日に今月5日にUAEに帰国する便のチケットを持ってフランスに入国。犯人の父親によれば、犯人は営業部長としてUAEで働いており、フランスに来た目的は出張だった模様。鉈はフランス滞在中に現金で購入したそう。

  今回の襲撃事件は、その性格を考慮してテロ組織と関係のある謀殺を担当する、テロ対策課と国内治安総局が現在捜査を行っているそうです。家宅捜査では現金及び鉈のケースが発見されたようですが、共犯者の存在や動機、単独での犯行かあるいは何らかの指示のもとでの犯行なのかどうかは現在も捜査中だそうです。

単語のお話:

le Carrousel du Louvre(固有n カルーゼル広場)

machette(nf (南米の農耕、戦闘用の)鉈 蛮刀 マチューテ)

se ruer(再動 (sur/contre/vers/dans..に)飛びかかる 押し寄せる に殺到する)

patrouile(nf (警察の)パトロール(隊) 警邏 (軍隊の)巡察(隊))

galerie marchante((商店街の)アーケード)

formellement(副 明白に はっきりと 断固として/形式の点から 形式に関して)

biometrique (形 生体認証の cf biometrie nf生体測定学 生体計測学 生体認証 )

sous réserve de+inf/que subj(句...の留保つきで ...の無い限り)

usurper(他動 を不当に手に入れる 強奪する/(他のユーザーに)なりすます)

moyannant(前 ...によって ...のおかげで ...と引き換えに)

directer commercial(nm 営業部長)

parquet(nm 検事局 検事/(裁判所の)裁判官と弁護人席の間の場所)

Section antiterroriste(固n? テロ対策課/部)

DGSI(国内治安総局 Direction generale de la securite interieureの略)

étui(nm 容器 ケース カバー/(植物の)髄鞘)

émirati,e(形 首長国首長国連邦の)

pronostic(nm 予後 病状の見通し/(多く複数形で)予想 予測)

marque(nm 痕跡/証拠 特徴)

allégeance(nf 忠誠 忠義/国籍/nf (苦しみの)軽減 緩和 安堵)

éventuel,e(形 場合によっては可能性のある 不確定な/clause eventuelle 不確定条項)

complice(形 共犯の/n 共犯者 加担者) 

おまけ:

 DGSIとか組織名の略称って調べるの好きなんです。他にも

  • DGPN((内務省の)国内警察局 Direction générale de la police nationale)
  • DGSE ((国防省の) 対外安全保障総局 Diréction générale de la sécurité ectérieure)

とかがあるみたいです。

 中学生?の頃に多分ニュース?にOPECが出てきて、父が「Organisation of Petroleum Exporting Countriesの略なんだよー」って教えてくれたんですけれども。その時に「かっけぇ!!!!!!!」となって以降、こういうの調べるのが好きなんです。空港のコード(CDGとか)とかも、時間があったら全部覚えたいです。

というわけで今回はここまで。おわりっ

昨日の記事を分割しました:)

昨日書いたNatureの記事ですが、あまりにも長すぎるので分割しました。記事の話はあちらで、後半のどうでもいい話をここに移動です。

  昨日の紹介の中で「画像を見せて」と書いてしまったんですけれども、どうなんでしょうこれ。機械学習したプログラム?パソコン?に人間が画像を「見せた」場合それは機械は「見てる」と言えるのでしょうかね..?だって目が無いわけですし..どう表したらいいんでしょうね、動詞選び。「認識する」ですかね?

  映画「イミテーション ゲーム」の一部ですが、下の「機械は思考できるか?」というのを「見えるか」にしたら?

-Could machines ever think as human beings do?

-Most people say no.

(中略)

-Of course machines can't think as people do. A machine is different from a person. Hence they think differently. The interesting question is, just because something thinks differently from you, does that mean it's not thinking? Humas have such divegencies from one another.You like strawberries. I hate ice skating. You cry at sad films. I'm allergic to pollen.  What is the point of different tastes, different preferences if not to say, that our brains work differently, that we think differently? When if we can say that about one another, why can't we say same thing for brains built of copper,wire, steal?

 (ちょーっと聞き取りに正確性の自信無いです)

「イミテーション ゲーム」(2015年公開) から


映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』予告編

 

  確かに人間と同じシステム?方法?を使っては「見て」いないかもしれませんが、それを認識して識別しているなら、それは「見えて」いるってことなんでしょうか? もはやカオス笑 そもそも「考える」と「見る」は別物だから、ここで言い換えることは出来ないですか..ね..?あれ?

  でも「考える」とか「見る」って何なんでしょうね、定義みたいなところは。本当に、機械は「見る」と言えるんでしょうかね。

  最近「イミテーションゲーム」を何度も繰り返し観ているので、こんな事を考えちゃうのでしょうけど 笑  あと深夜で眠いからですかね!誰か身の回りにこういう話を延々と出来る人がいればいいのなぁと思いながら、ブログに書いています。眠い。

おわりっ



Natureより 機械学習で皮膚ガンは診断できるか? のお話

こんばんは!今回はNatureより、Andre Estevaさん、Brett Kuprelさん、Roberto A. Novoaさん、Justin Koさん、Susan M. Swetterさん、Helen M. Blauさん、そしてSebastian Thrunさん著の皮膚がんの診断と機械学習?のお話です。

Dermatologist-level classification of skin cancer with deep neural networks

http://www.nature.com/nature/journal/v542/n7639/full/nature21056.html

紹介: 皮膚がんかどうか診断するというと、通常はまず臨床スクリーニングによる目視での診断、そしてダーモスコープを使っての分析、生検、組織病理学検査だそうなんです。これを、機械学習を用いた画像認識で診断できないかな?ということを実験してみたというのが今回のニュースのお話です。

  まず、畳み込みニューラルネットワーク(CNN)(機械学習の一種?)に膨大な量の皮膚の病気の画像を学習させたそう。その上で、画像を見せて皮膚科医並みの(画像の)診断が出来るのか?、その正確性を確かめる為に皮膚科医と比較する実験も幾つか行ったそうです。

  はたして機械学習で皮膚がんの診断は出来るようになったのか?皮膚科医との勝負(?)はどうなったのか?今後この技術はどう活用出来るのか?気になった方は是非是非元の記事の方を読んでみてくださいな:) 

単語のお話: 

screening (n (病気の)スクリーニング)

CNN(固n 畳み込みニューラルネットワーク Convolutional Neural Networksの略)

dermoscope(固n ダーモスコープ)

histopathological examination (固n 組織病理学的検査)

binary clasification (固n 2項分類)

outfitted with(句 を装備されている を身につけて)

keratinocyte carcinomas (固n 有棘細胞癌(多分))

seborrhic keratoses(固n 脂漏性角化症)

on par with (句 ...と同等/同程度/同レベルで)

project (他動 (大きさ費用量等)を見積もる 算定する/(活動や事業等)を計画/考案する)

おまけ:「短いし面白そうだしOK!」と思って選んだら、短い分ぎゅっと固有名詞が詰められていました...そして固有名詞の意味をやっと探したと思ったら、その日本語訳の意味がまた分からない。笑「畳み込みニューラルネットワーク」。「ニューラルネットワーク」。「.......!!!?!?」という感じで。

  自分の知らないことがほぼ一行一つ出てくるので、悔しいといえば悔しいですし。まあでも結局私はこれが楽しくて好きなんですが。じゃあいっか!笑

 という訳で今回はここまで:) おわりっ