読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LeMondeより ルーブル美術館のフェルメール展 大盛況で大混乱 のお話

こんにちは:) なんだか全国的になかなかの雨模様ですね。

今回紹介させていただく記事は、Le Mondeより Michel Guerrinさん著「ルーブル美術館フェルメール展 大盛況で大混乱」です!!

www.lemonde.fr

紹介: 2月末からルーブル美術館で始まったフェルメール展。フェルメールの12作品が一挙に展示されているそうなのですが、これが大盛況だそうです。(ちなみにフェルメールの作品は全部で34作らしいので、なんと三分の一!)

ここ2年間 テロや衛生問題であるとか、接客、犯罪などの問題があいまって、観光客が激減しているパリで、ルーブル美術館もその影響を受けているそうで。そんな中、過去に行われた大規模な展覧会の倍以上の人が押し寄せているらしく、ルーブル美術館万歳!

しかし「やったー!」というシンプルな話では済まず。連日数時間待ちや、挙句観れなかったりであるとか、ネットでのチケット販売の停止など、大成功で大混乱な状況が生じているらしいです。

今後どうなることやら!?について書かれていますので、是非是非元の記事を読んでみてくださいな:)

↑の記事は3月3日のものなのですが、その後こんな記事(3月9日)を見かけました。

Louvre Attendants Strike After Vermeer Bottleneck 

By Rachel Donadio

https://www.nytimes.com/2017/03/09/arts/design/vermeer-louvre.html?_r=0

 (ルーブル美術館職員の一部 フェルメール展の混雑が原因でストライキ

 職員の方の一部が、美術館の混雑への対応が不十分だということでストライキを起こしたそうです。美術館の職員の労働組合の事務総長の方が「大失敗です。案内表示もひどいですし、計画も役に立ちません。」と話しているそう。

日本でも去年若冲展がびっくりするくらい混んでいましたが、ストライキとかなかったんでしょうか、そういえば。美術館のストライキって日本でもあるんでしょうか??

 

単語のお話: affût(n.m, 待ち伏せ(の場所)) autant dire que...(...といっても同じことだ ...も同然だ) vértigieux,se(adj 目がくらむほどの 気が遠くなるような ものすごい/めまいを伴う)  se pointer(代v 着く やってくる)   faire ses preuves(自分の力量/能力/真価を示す)   monstre(adj とてつもなく大きい/多い)   couru,e(adj 人気のある 好評の はやりの/わかりきった 自明な)   C'est couru d'avance. (言わずと知れたことだ)  C'est la cerise sur le gâteau. (これがなくては画竜点睛を欠く)  du reste (それに そのうえ そもそも しかし)  inédit,e(adj 未刊の 未発表の)   affluence (n.f. 雑踏 群衆)  

 

かれこれ約1万キロ離れたところの美術館の混雑のお話でしたが、面白くないですか?← 遠く美術館が、めっちゃ大盛況で混んでるって。遠くで、わいわいしてる感じがこう、不思議だなぁという意味で。

というわけで今回はここまでです:) 

おわりっ

 

BBCより 紙の歴史とこれから のお話

こんばんは:) おはようか?いつ更新ボタンを押すかなんですけどもね。

今回はBBCよりこちらの記事を紹介します:)

Thank you so much BBC for your courteous wonderful support. I'm deeply grateful.

www.bbc.com

紹介:世界史で見かけたことがあると思います「活版印刷」。なんか有名なあれです(笑)私が今この記事を書くのにパソコンの横で開いている「詳説世界史研究」でも、宗やルネサンス文化の所で活版印刷について触れられています。特にルネサンス文化では

グーテンベルグGutenberg(1400頃~68)による印刷機が、書物や文書作成を効率的にし、ルターの思想も新しい印刷術により広められた。

 山川出版『詳説世界史研究』(2008, 289頁) 

と、ありますしね。

しかしですよ!ルターの思想も活版印刷だけじゃ広まらなかったんです。書物や文書作成も効率的以前のお話になってしまう もう一つ重要な発明が欠かせなかったんです。果たして、それは一体何でしょうかっ!?

 そう!!紙!!!

というわけで、今回紹介させていただくこの記事はこの「紙」 についてです。内容をもう少し掻い摘んで書きますと、

①古代中国での紙の発明からヨーロッパで「紙」が用いられるようになった歴史的経緯

②紙の役割や現代に至るまでの製紙技術の発展

③紙のこれから「今後紙は使われなくなってしまうのか?」

といった事について書かれています。個人的には、製紙技術の発展や、なぜヨーロッパで紙が使われるよういなったのかの理由 そして紙のこれからに関する箇所が、がとても「なるほどー!」で面白かったです:) (ほとんど全部か。)

とても面白い記事ですので、是非是非読んでみてくださいな:D

単語のお話:  printing press(n. 印刷機)  type(n.u.c.活字 字体 (一個の)活字)  crisp(adj. (輪郭 顔立ち 絵 音が)はっきりした くっきりした)  Abbasid Caliphate(固n. アッバース朝)  typesetting(n.u./adj. 植字(の) 活字組み(の))  printing run(n. 印刷部数) corrugated(adj. 波上の うねっている)  long(adj. (数量がふつうより)大きい たっぷりの)  perforate(他動 にミシン目を入れる)  absorbent(adj. 吸水性のある/n.u.吸水剤) churn out(句 大量生産する 量産する)  arguably(ad. ほぼ間違いなく おそらく)  mill(n.c. 製粉所/(原材料の加工関連の)工場 製造所)  pulp(他動 をパルプ状にする/(書籍や紙幣など)をどろどろにして処分する)  drop-hammer(n. 落とし鋳造装置)  macerate(他動 を液体に浸して柔らかくする)  rag(n.c. ぼろ/安物の新聞(、雑誌 ハンカチ カーテン等))  comb(他動 を徹底的に捜査する)  wasp(n.c.すずめばち)  raw material(n. 原料 素材 題材)  number(他動 (be ~ed)数/期間が定める 制限される)  outcompete(他動 を打ち負かす 破る)  enduring(adj. 不朽の 恒久的な 辛抱強い)  jotting(n.c. メモ)  doodle(n.c./自動 いたずらがき(する)) 

 

ということでした!是非是非元の記事の方チェックしてくださいなー:D 

それでは 素敵な土曜日を😄✨ おわりっ

WIREDより VXガスを用いた暗殺 超えてはならない一線 のお話

さてさて日にちががあいてしまいましたが。こんばんは!

First of all thank you so much Condé Nast for your courteous support.

 ここ数日他の記事に書いたような感じでして。メールして問い合わせて、メールして問い合わせてと大変勉強になった数日でした:) 「返事もらえない感!」と思っていても、とりあえず問い合わせてみるものですね! 結果楽しかったです。

というわけで、今回はCondé Nast社のWIREDより、(一ヶ月近く前になってしまいましたが)金正男氏の暗殺とVXについて 超えてはならない一線 のお話です。

www.wired.com

紹介: 先月クアラルンプールの空港で起きた金正恩氏の暗殺事件とVXガスについての記事です。マレーシア当局の調査ではVXガスが使用されたとのことですが、

・そもそもVXガスとは何なのか 効果や使用方法 解毒剤ついて

VXガスが用いられた過去の例

VXガス北朝鮮の関係は存在するのか?今後の調査などの重要性について

について触れられています。気になった方是非元の記事も読んでみて下さいな:)

単語のお話:  nerve agent (n. 神経ガス)  agent (n. (ある結果を引き起こす)化学作用/原因物質)  estranged (adj (夫婦が)別居した (親戚や友人と)疎遠になって ) seminal(adj 重要で影響力の強い)  action flick(n. アクション映画)  nonproliferation (n.u. (特に核、化学兵器の)生産/拡散防止 非増殖 増殖停止)  advisory board (n 諮問委員回)  hypodermic(adj. 皮下の 皮下注射の/n.c. 皮下注射器/針)  hermit(n.c. (祈りと瞑想の宗教的生活をした)隠遁者 世捨て人)  stockpile (n.c. 食料/原料備蓄 備蓄品/確定器保有量)  chemical trace(n. 化学的痕跡)  red line (n. レッドライン 運用の限界 許されない事項 超えてはならない一線 平和的解決から軍事的解決へと移るその一線)  uncharted(adj 未踏の 未知の 海図に載っていない) 

Hermit Kingdom(固有n. 隠者王国 (:1636~1876年ごろの朝鮮につけられた名前)) 

おまけ: 殺される一瞬何を思ったんでしょうね。「いつか殺されてしまうかもしれない」と思っていた時が来たと思ったんでしょうかね。「ああ遂に」って。それとも「まずい!」と思ってものすごい恐怖を感じたんでしょうか。どちらもかなぁ。

あの国にあの家族に生まれて、人と大きく異なる人生を生きてきて、それで殺されるなんて一体どういう感じなんでしょうね。。命狙われるってどういう感じなんでしょう。勿論狙われたことなんてないので、想像するほかないのですが。

あの一瞬本当に何を思ったのかなぁ。と。何を思ったんでしょうね。どう思います?

 

おわりっ

Oxford Living Dictionaries 「今日の単語」のお話

こんばんは:) 

Ta-dah!今回はオンラインのOxford Living Dictionariesから、WORD OF THE DAY(「今日の単語」)のコーナー紹介したいと思います。最近このWORD OF THE DAYのコーナーにはまっていまして!

まず始めにどういうコーナーかと言いますと、WORD OF THE DAYの名前の通り毎日英単語を1つ紹介しているコーナーでして。PCならOxford Living Dictionariesで検索していただくと、トップページにWORD OF THE DAYとあります。スマホだと、トップページを開いて、少し下にスクロールしていただくとWORD OF THE DAYが表示されます。トップページへは下のリンクからどうぞ!

en.oxforddictionaries.com

このコーナー、短いのでちゃちゃっと読めますし単語される単語が毎回面白いのでとても楽しめると思います!

 例えば、今日3月16日は flense でした:) 

en.oxforddictionaries.com

1Slice the skin or fat from (a carcass, especially that of a whale)

 (:(主にクジラなどの死骸から)脂肪や皮膚を剥ぎ取ること)

という意味だそうです!へー😍

最近では他に、今月8日の今日の単語で紹介されていた fianchetto という単語が個人的にとても面白かったです。チェス用語の動詞兼名詞でして。

en.oxforddictionaries.com

うまく説明できそうにないので、wikipedia先生からどうか一つ説明していただきますと、

フィアンケット (fianchetto) とは、チェス用語の一つ。ナイトの前のポーンを1マスか2マス進め、ナイトのすぐ上にビショップを配置すること

「フィアンケット」wikipediaより

だそうです!いいですねー!!こういうの大好きです!笑

一昨日14日のWORD OF THE DAYは athanor でした。ご存知ですかこの単語!?笑

en.oxforddictionaries.com

A type of furnace used by alchemists, able to maintain a steady heat for long periods.

(: 錬金術師が用いていた溶鉱炉。長時間温度を一定に保つことができる。) 

面白すぎませんかこの単語のチョイス!?✨ 語源の解説もついているのですが、

Late 15th century: from Arabic at-tannūr, from al- ‘the’ + tannūr ‘baker's oven’.

 (: 15世紀後半 アラビア語のal(定冠詞のthe)とtannur(パン屋のかまど)を合わせたもの)

 最高じゃないですか本当にこの単語のチョイス!?(2回目)

というわけで、是非是非!!WORD OF THE DAY チェックしてみてくださいな😎✨

 

今回WORD OF THE DAYのコーナーを紹介するにあたってオックスフォード大学出版局様には大変お世話になりました。ありがとうございました。

Twitterオックスフォード大学出版局(@OUPAcJapan) 様のアカウントも是非チェックしてみてください。Oxford English Dictionaryからの単語や、科学や経済など様々な分野の無料アクセスの論文や記事、英語に関する豆知識や面白いコラムなど色々紹介されていてとても面白いです!!:) 

それでは、今回はここまでっ

おわりっ

 

LeMondeより フランス大統領選 サイバー攻撃対策は大丈夫? のお話

こんにちは:) またちょっと日があいてしまいましたー。ありゃりゃ。とりあえず、日曜日いかがお過ごしでしたでしょうか😎

今回はLe Mondeより『フランス大統領候補達 サイバー攻撃対策はいかに?』のお話です。

www.lemonde.fr

紹介: さてさて、アメリカの大統領選ではロシアのサイバー攻撃があったりということがありましたが。近々行われるフランスの大統領選はサイバー攻撃に対して備えているのか?候補者の皆さん大丈夫?ということについての記事です。

  各大統領候補者を担当しているコンピューター専門家やIT分野の責任者の取り組みの現状(セキュリティ対策の方法など)や、どういった情報が狙われているのか、セキュリティ対策を揺るがす人間の軽率さ、候補者のホームページに起きたシステム障害の実例、国家情報システムセキュリティ庁など政府機関の取り組みなどについて触れられています。面白いですので、是非是非元の記事を見てみてくださいな:) 

 

単語のお話:  piratage(n.m. ハッキング ハッカー行為)  informaticien,ne(n. 情報科学情報処理技術者 コンピューター専門家) périmé,e(adj 古い 時代遅れの) un maximum de... (たくさんの...) prestataire de services(n.m. 情報提供者 インフォメーションプロバイダー) état-major(n.m. 参謀(本)部 首脳部 幹部 スタッフ)  faire le point(現状を明らかにする 解明する)  hameçonnage(n.m. 仕掛け 罠)  dependre de... (間接他動 ..に所属する の所管である)  secrétariat général(n. 書記官/幹事長/事務局長職)  sensibiliser(他動 (人、世論などをある問題など)に関心を持たせる ) maître mot(n. 呪文 主要語) chiffrer(他動 を暗号化する)  se méfier de...(...を信用しない 用心する 警戒する) casserole(n.f. 片手鍋 シチュー鍋/役立たず スパイ いぬ)   anodin,e(adj 害のない あまり効き目のない 危険性のない/(人が)取るに足りない つまらない)  tant soit peu(少しでも 多少なりとも)  Democratic National Committee(【英】 民主党全国委員会)  chapeauter(他動 ...の上に立つ ...を支配する)  attaque(n.f.  ハッキング 不正侵入)  prêter le flanc à critique(批判/攻撃に身を晒す)  parti-pris(n.m. 先入観 偏見/断固たる決心 決意)   entraver(他動 を妨げる 阻害する 邪魔をする)

今回も固有名詞が多かったですね〜。固有名詞の日本語訳を探して、ああでもないこうでもないってやってるのが最高に楽しいので何よりなんですが:D

しかし今回の固有名詞がなかなかクセが強めで。下に書いたものは辞書に載っていなくて山梨県立大学立命館大学の論文とかで見つけたものなのです..(あと総務省) ネットで検索して出てくる論文て、信用して大丈夫なんですかね...!?あれ!?

なのであまり鵜呑みにはなさらないでください..!

ANSSI/Anssi(固n 国家情報システムセキュリティ庁 )*1

SGDSN(固n 国防安全保障事務局)*2

CNIL(固n 情報処理及び自由に関する全国委員会)*3

 CNCCEP (固n 選挙運動監視全国委員会 )*4

 驚いた話: basiqueという単語が使われているのですが、「たぶん『基本的な』って意味だろうなー」と思って調べたら、「基本的な」って意味の他に「塩基性の 塩基を含んだ」って意味もありまして!そしたら思うじゃないですか

「!?じゃあ英語でもbasicって塩基って意味あるわけ!?!?」

と。そこで辞書をひいたところ、なんと英語のbasicにも「塩基性の」って意味、ありました!わーお!いやー楽しいですねぇ。ほんとに楽しい。

なんだか突然ですが、今回はここまで!とても長くなってしまいました。

おわりっ

 

*1:総務省平成28年 情報通信白書』〈総務省、2016年〉

http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h28/html/nc26b230.html

*2:総務省平成28年 情報通信白書』〈総務省、2016年〉

http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h28/html/nc26b230.html

*3:清田雄治『フランスにおける 個人情報保護法制と第三者機関 ――CNIL による治安・警察ファイルに対する統制――』〈立命館法学、2005年〉

http://www.ritsumei.ac.jp/ir/ir-navi/common/pdf/technic/technic_text_01.pdf

*4:玉井亮子『フランスの選挙管理システムー大統領選を事例として』〈山梨国際研究 山梨県立大学国際政策学部紀要、2010〉

http://www.yamanashi-ken.ac.jp/wp-content/uploads/kgk2015003.pdf

【どうでもいい話】フランス語 AZERTYキーボード問題

こんばんは:)

先日初めて通る道を散歩していたら、メガネを紛失しました。コートのポケットに入れておいたんですけど、携帯を取り出した拍子に落っこちたんでしょう。突然の紛失

というわけで(?)、今回の話は「フランス語AZERTYキーボード問題」です。

フランス語のキーボードって、すべての文字ではないですが、いくつか文字の場所が違うであったり、記号付きの文字や記号が「そこかよ!」というところにあるんですよね。なので「あの文字とこだ!?」って一々なるのがなかなか面倒くさい。

そういう時のために、キーボードに載せる?貼る?フランス語キーボードシール?シート?っていう製品があるのですが。

  あるのですが。

  あるのですがね。場所が違うキーだけわかればいいんだけど、と。

  そのお金他に使いたいんだけど、と。

ということで「他にいい方法ないのかな...」と思っていたら思いつきましたこの方法!

マスキングテープー!!!(ドラえもん風に)

f:id:wildestdream:20170306175527j:plain

材料費150円くらい。AZERTY配列シート買うよりもちろん安い゚+.(・∀・)゚+.゚

マスキングテープなので剥がすのも簡単。しかも薄いから下のキーも透けて見えますし!自画自賛ですがめっちゃ革新的です!!!笑 便利!!

AZERTY配列に苦心している方、「マスキングテープ」おすすめです:D 

おわりっ

 

TIMEより これからの動物園 のお話【英語】

こんばんはこんばんは:) 今回紹介させて頂く記事は、TIMEよりJustin Worlandさん著『これからの動物園』です。

time.com

紹介: 突然ですが、フィラデルフィア動物園はご存知でしょうか!アメリカにあるこの動物園は、動物を監禁状態に置くようなこれまでの「動物園」の展示?飼育?のあり方を問い直した動物園なんです。

   でも、今回紹介させていただくこの記事はフィラデルフィア動物園の単なる紹介ではなくて!近年注目されている動物の権利という考えや、神経学、行動科学といった様々な分野の研究によって動物についての理解が深まっている現在、はたして動物園は今後変わっていくことができるのか?そして、その障害になっているものは一体何なのか?と、「これからの動物園」ということについて大変深く掘り下げている記事です。

  他にも、動物園の歴史と合わせてフィラデルフィア動物園がなぜ革新的な動物園になったのかというお話もとても面白いので、気になった方是非是非元の記事を読んでみてくださいなー:)

  最後になりますが、タイムインクジャパン合同会社様 今回ブログでの紹介を許可して頂き誠に有難うございました。

単語のお話:  

reflective(adj 思慮深い 思索に耽る)  primate(n.c. 霊長類の動物)  critter(n.c. 生き物 動物 人 家畜)  humane(adj 思いやりのある やさしい/苦痛を与えない)  coercion(n.u. 強制 抑圧 威圧 弾圧政治)  fauna(n.u.c. (特定の地域・時代の)動物相)  tailor(他動 ...を(特別の目的、対象のために)作る 合わせる)  impair(他動 を弱める 悪くする を害する 損なう)  AZA (Association of Zoos and Aquariumsの略 動物園水族館協会)  double down(句 倍がけする)   hitch(n.c. 延期 障害 中断)  edification((知的・道徳的・精神的な)教化 啓発 向上)  benefactor(n.c. 恩人 恩恵を施す人/後援者)   menagerie( n.c.(個人が飼育している/見世物用の)動物)  visionary(n.c. 先見性がある人 空想家 夢想家/adj 先見の明のある 非現実的な 実行不可能な 観念的な)  immersive(adj 没入した 実体験のように感じる 夢中になれる)  prescient(adj 予知/予測できる 先見の明がある)  at odds with(...と不和で ..と意見が食い違って ...との関係が悪化して)  ailment(n.c (軽い または慢性の)病気 不快)  reintroduce(他動 をかつての生息地に再移入させる)  giant tortoise(固n ゾウガメ)  pachyderm(n.c. 厚皮動物)  

   

 おまけ:個人的に本当にためになった話の一つなのですが、以前友達に「水族館行く?」って何気なく提案したところ、「水族館には行きたくない。水族館は好きじゃない。」と言われたことがありまして。

  別に腹が立ったとかそういう訳ではなくて、あまりに新鮮な意見で今でもよく覚えているんですよね。その時は正直とてもびっくりしてしまって、「そ、そうなんだ〜」としか言えなかったんですけども。個人的に水族館であるとか動物園であるとかについて、少し考えるようになったきっかけの出来事でして。

  この話をしてからというもの、水族館に行くと「海が目の前にあるのに、こんなに狭い水槽の中に閉じ込めるってどうなんだろ...」とか「一つの国の中にこんなにたくさんの水族館はそもそも必要なんだろうか」とか思ってしまって。でも、目の前でマンタとかイルカとかペンギンが泳いでいるのを見ると、「なんて綺麗なんだろう」って、「来てよかったー!」って感動しちゃうのですが。😥

   でも、そしたら家で一緒に住んでいる猫や犬はどうでしょう。特に猫ですが。祖父母が以前一緒に住んでいた猫が車に轢かれてしまって、絶対猫は室内!!と思っていたのですが、はたしてこれで猫は本当に幸せなんだろうかって時々思ってしまうんです。

  室内にずっと閉じ込めてしまうけど長生きできる一生か、好きなように動きまわれるけど明日だって、もしかしたら1秒後だって生きている確証のない一生か。一緒に住んでいる人間が結局は決めている訳で。室内に閉じ込めてしまうことは、動物園で檻に入れることとどう違うのでしょうか?本質的には変わらないのではないでしょうか?

  動物園なら、絶滅とかの危機にある動物の繁殖や保護といった活動も行なっていますけど、じゃあ去勢手術をしてしまった猫や犬は?もっと人間のわがままに付き合ってもらっているだけじゃないのか?なんて、思ってしまうのですがどうでしょう?

  時々考えてしまって落ち込む話題の一つです。どうでしょう?どう思いますか?

  中途半端ですが、おわりっ