読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Voxより 他人の政治的信条を変えるのはなぜ難しいのか?

イギリス アメリカ 英語のニュース 語学

こんばんは〜。Voxより、さきほど紹介したSciencet et Avenirの記事「なぜ脳は政治的意見を変えることを拒むのか?」と同じ話を扱った英語版の記事です。さすがに全く同じ文章では無いですが。

www.vox.com

紹介: どうしてこうも人の政治的信念は変え難いのか?についての論文がNatureに掲載されたそうです。もしそれが脳のせいだとしたらどうでしょう。そしてどうして脳が信条を変えることを拒否するのか?というお話しです。

    Natureに掲載された論文で、政治的に堅い信念とか意見であるとかを持っている被験者に、(比較のために政治は関係ない動画も混ぜながら)自らの政治的意見に沿った動画とそれとは反対の動画を見せ、被験者の意見が変わるか脳の動きを調べるっていう実験が行われたそうです。

    さてさて本当に驚きの結果ですよ!紹介なのでネタバレ出来ないのですが、「あーそれなら変えられないのも納得かも」「でもそこまで!?」という感じです。面白いですよ〜!是非!読んでみてくださいね〜:)

単語のお話:

shed light on(句 (問題点などを)はっきりさせる 明らかにする を浮き彫りにする)

partisan(名 (主義、党派、人の)熱心な支持者 同士 一味)

evade(他動 を逃れる 避ける、を回避する、をそらす はぐらかす)

avowed(形 公言した 公然の 自ら認めた)

string(名 (嘘、質問などの)連続 連発)

compelling(形 強制的な やむにまれぬ 人を惹きつける)

notably(副 著しく 明白に 目立って 特に)

default mode network(名 デフォルトモードネットワーク)

contemplate(他動 をじっくり考える の可能性を受け入れる)

sweat(名 骨の折れる仕事 辛い仕事 ひと苦労)

fMRI(名 機能的磁気共鳴画像法 機能MRI)(fMRIMRIって違んですか...!?)

charged(形 (演説などが )熱のこもった 感動に満ちた、(評論などが)反論/論争を招きそうな)

mundane(形 日常の ありふれた つまらない)

jibe(他動 をあざける バカにする からかう)

hard-wired(形 (行動様式が)固有で変化しにくい 頭が固い 融通が利かない)

counter(自動 (with..で)反論/反対する 反撃する/他動 に反撃/反抗/対抗する 逆らう) assertion(名 主張 断言 断定 所説)

political beliefって政治理念とか政治的信念って意味があるそうなのですが、ところで信念と理念の違いってなんなんでしょうか?というわけで辞書引いちゃいました。信念は

「ある教理や理想などを固く信じて疑わない心」(広辞苑より)

で、理念は

「事業、計画などの根底にある根本的な考え方」(広辞苑より)

だそうです。言い方が悪いですが、信念の方がたちが悪いんですかね?← まだ理念の方が変えようがある感じです...かね!?

どうでもいい話: 小さいころ父が「神様なんているかいないか分からないようなものを信じて、でかい教会とか建てるなんて不思議だよなぁ」って言ってたのが頭に残ってるんですが。政治的な信念とかも似たようなものなのかしらねぇ。政治であれ宗教であれ、何かを盲目的に信じられるものなんですかねぇ。それとも、そこまで信じないとでかい建物を建てたりとか、政治家として偉くなったりとかはできないんでしょうかね。

    そんな国であれ、存在するかわからないものであれ何であれ、こう「これだ!!これしかないんだ!!これが1番だ!!」って盲目的に信じるなんてう〜〜ん。個人的に出来そうにないです...ってことを私も盲目的に信じてるんですかね? ってこれもきっと脳のせい← 寒い。

おわりっ