読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【どうでもいい話】文章の書き方と表現の難しさを噛み締めてる のお話

  こんばんは!今回のどうでもいい話は「言葉選びと書き方を噛み締めてる」のお話です。

  • 「文章の書き方と表現の難しさを噛み締めてる」のお話

  さてさて、また数日日が空いてしまいましたが。この数日間実はなかなか悩んでいまして。⑴今まで自分が書いた記事を読みなおして気づいた、私の文章の改善点、⑵何が書きたいことの障害になってるのかな、⑶どうやったら記事の要約であるとか、映画や曲の紹介がうまく書けるのかな、の主に3つについて悩んでました。

  結論からいえば、「私が好きな事とか面白いと思った事について、どこかの誰が読んでくれて、興味を持って元の記事を読んだり、映画や音楽を楽しんで欲しいんだから、ちゃんと文章で書こう!書きながら練習していけばいいや!開き直れ!」ということです。ふぁいとぉ〜...

 

 

 まず、⑴ の今まで書いた記事を読みなおしていて気付いたのは、私の文章って私1人だけテンションが高くて、奇声(きゃー!)とか!(感嘆符)がとても多いんですね。あと文末が「です」「ます」「である」っていう断定的というか、そういう言葉で締められてなくて。大抵「~だそう」「よう」で終わっていて。(今の文章も「て」とかね) 会話口調っていうんですかね? 

  ーとか!や奇声は改善しようがあると思うんですけど、「です/ます/である」締め。これ苦手なんですよね...なんせそもそも言い切る事が苦手というか嫌いなんで...私としては「これしかないよ!これが正論!これぞ正しい!」みたいに聞こえてしまうことがあって。「それか!そうか!」と納得できる時だって多いんですけどね!

  上に書いたような表現をされると、「絶対神かな...すげえなすげえメンタルがマッチョだな...(引き気味)」って読んだり話したりしながら思ってしまって。いやそれはあなたまたは私個人の乏っっっっしい経験からの判断であって、一般論ではないし、正直偏見まみれかもですし、間違っている可能性めっちゃ有りますよ、他の解釈の仕方は山ほどありますよ、とか思ってしまって。ニュースとか真面目な?話題ほど、この締め方が好きじゃないんですよねぇ。他に書き方ないかなぁ。

  会話口調がしっくりくるんですけど、個人的には。だめかなぁ。

   ⑵ の「何が書きたい事言いたい事を書く障害になってるのか」はこの⑴問題の、特に「テンションが高くて感嘆符が多い」に関係しているんですが。

  ⑴をうけて、じゃあもっと詳しく「ー」とか!とか奇声を使わないで、文章で書こうって思うんですけども、思うんですけど、いざ書こうと思うとすると月並みとか変な表現だなとか下手くそだと思われるかなとか、そいうので怖くなってしまって。つまりは恐怖心とか羞恥心とか自尊心とか劣等感とかが障害になってるんですかね...

  学校の読書感想文でも、レポートでも「面白かった」以外に書けなかったんです。書き方も書く内容にも両方に困っていて。「面白かった」「つまらなかった」以外に何書いたらいいわけ?って。

  変なしょうもない感想だと思われたらどうしようとか、「あーあの子なんであんなにいい感想が書けるんだろ。それに比べてこの私の内容のしょうもなさと下手くそさといったら」、「成績悪くなりそうだなー」とか。そこに自分の意見に自信がないことも相まって。ハァ。そもそも、句読点のつけ方すら怪しいです。やばい。小学校中学校高校大学と、文章書くってことが夏休みの作文や授業以外になくて、大抵書いて提出したらもう終わりですもんね。ノーフィードバック!書き方どこかで勉強したっけ...!?あれ!?

  だから結局何か好きな事にについて書こうとしても、恐怖心や劣等感や自尊心で「きゃー!」とか「最高か!」とか「ー」とか!ばっかりを使ってることになってるのかなと。「こういうところが面白かった」とか「こういうところが良かった」とかとかの代わりに。(書いていて滲みる。。)

  以前勇気を出してAretha Franklinの声を「ホットチョコレートホイップクリーム多めか、マシュマロのせ」って書いた時なんて、「本当にそう思ってるけど、恥ずか死」って未だに思ってます。「ああいつ削除しようかな」って。あれで精一杯なのが現状です 笑 

  でもやっぱり誰でも読んでくれるブログなんだから、面白い記事も、好きな映画のことも好きな曲のことも、読んでくれた方に興味をもってもらって、元の記事を読んで欲しいし、映画も観て欲しいし、音楽も聴いて欲しいんですよねぇ。

  というわけで、それならじゃあどうしようかな、という1人議論の結果、「もーしゃあない!好きな事をどこかの誰は読んでるか解らないネットで書くなら、もうまず下手くそでいいじゃん!書きながら練習していけばいいや!」という結論になりました。!使ってますが。

  今後はーや感嘆符、奇声の代わりに、何が良かったか面白かったか、ちゃんと文章で書くよう頑張ります😅 練習します。今後「ホイップクリーム多めとか、マシュマロのせ」みたいな表現が増えます。ひゃー!(あぁまた奇声使っちゃったよ...)文末表現問題は解決してないんですが。なんとかなる!

  ⑶ ⑴⑵を受けてって感じですが、じゃあどうやったら記事の要約であるとか、紹介がうまく書けるのかなについては、まだ悩み中です。やっぱりこれも練習するしかないですけども笑 

  ニュースの内容について、解釈とか単語の意味とか文章の訳とか「正しい」ってものがある所でなら、後で何度か読みなおしたり、誰かに指摘して頂いて「間違い」を訂正して「正しさ」を守れるというか、「正しい」を身につけられますけど。

  じゃあ、なかなか「正しさ」がいまいち解らない、紹介文や要約って、どうやって書いたらいいんでしょう?どうやったらもっと読んでる方の興味が惹かれるように、元の記事や映画や音楽の魅力を損なわないで、わかりやすく書けるんでしょう?と。

  新聞の要約の切り抜きとかをノートに貼っていた時もありますけど、いまいちよく掴めないまま中断してしまって、掴めないままこのブログで記事紹介をしていますけど。元の記事を書いた方に対して時々、ひどく申し訳なく思う事があって。

  というわけで、まだ悩み中ですし、なんとかしたいです!なので、何か要約や書き方について参考になるような本やコツなどを教えて頂けると嬉しいです:) まあとりあえず書くしかないですわな...

  あとはもみじちゃんとの文通ででも練習しますかね!というわけでよろしく!

  

  ああまた!使ってるよ...

  とても長くなりましたが、おわりっ