読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LeMondeより フランス大統領選 サイバー攻撃対策は大丈夫? のお話

LeMonde フランス語 語学

こんにちは:) またちょっと日があいてしまいましたー。ありゃりゃ。とりあえず、日曜日いかがお過ごしでしたでしょうか😎

今回はLe Mondeより『フランス大統領候補達 サイバー攻撃対策はいかに?』のお話です。

www.lemonde.fr

紹介: さてさて、アメリカの大統領選ではロシアのサイバー攻撃があったりということがありましたが。近々行われるフランスの大統領選はサイバー攻撃に対して備えているのか?候補者の皆さん大丈夫?ということについての記事です。

  各大統領候補者を担当しているコンピューター専門家やIT分野の責任者の取り組みの現状(セキュリティ対策の方法など)や、どういった情報が狙われているのか、セキュリティ対策を揺るがす人間の軽率さ、候補者のホームページに起きたシステム障害の実例、国家情報システムセキュリティ庁など政府機関の取り組みなどについて触れられています。面白いですので、是非是非元の記事を見てみてくださいな:) 

 

単語のお話:  piratage(n.m. ハッキング ハッカー行為)  informaticien,ne(n. 情報科学情報処理技術者 コンピューター専門家) périmé,e(adj 古い 時代遅れの) un maximum de... (たくさんの...) prestataire de services(n.m. 情報提供者 インフォメーションプロバイダー) état-major(n.m. 参謀(本)部 首脳部 幹部 スタッフ)  faire le point(現状を明らかにする 解明する)  hameçonnage(n.m. 仕掛け 罠)  dependre de... (間接他動 ..に所属する の所管である)  secrétariat général(n. 書記官/幹事長/事務局長職)  sensibiliser(他動 (人、世論などをある問題など)に関心を持たせる ) maître mot(n. 呪文 主要語) chiffrer(他動 を暗号化する)  se méfier de...(...を信用しない 用心する 警戒する) casserole(n.f. 片手鍋 シチュー鍋/役立たず スパイ いぬ)   anodin,e(adj 害のない あまり効き目のない 危険性のない/(人が)取るに足りない つまらない)  tant soit peu(少しでも 多少なりとも)  Democratic National Committee(【英】 民主党全国委員会)  chapeauter(他動 ...の上に立つ ...を支配する)  attaque(n.f.  ハッキング 不正侵入)  prêter le flanc à critique(批判/攻撃に身を晒す)  parti-pris(n.m. 先入観 偏見/断固たる決心 決意)   entraver(他動 を妨げる 阻害する 邪魔をする)

今回も固有名詞が多かったですね〜。固有名詞の日本語訳を探して、ああでもないこうでもないってやってるのが最高に楽しいので何よりなんですが:D

しかし今回の固有名詞がなかなかクセが強めで。下に書いたものは辞書に載っていなくて山梨県立大学立命館大学の論文とかで見つけたものなのです..(あと総務省) ネットで検索して出てくる論文て、信用して大丈夫なんですかね...!?あれ!?

なのであまり鵜呑みにはなさらないでください..!

ANSSI/Anssi(固n 国家情報システムセキュリティ庁 )*1

SGDSN(固n 国防安全保障事務局)*2

CNIL(固n 情報処理及び自由に関する全国委員会)*3

 CNCCEP (固n 選挙運動監視全国委員会 )*4

 驚いた話: basiqueという単語が使われているのですが、「たぶん『基本的な』って意味だろうなー」と思って調べたら、「基本的な」って意味の他に「塩基性の 塩基を含んだ」って意味もありまして!そしたら思うじゃないですか

「!?じゃあ英語でもbasicって塩基って意味あるわけ!?!?」

と。そこで辞書をひいたところ、なんと英語のbasicにも「塩基性の」って意味、ありました!わーお!いやー楽しいですねぇ。ほんとに楽しい。

なんだか突然ですが、今回はここまで!とても長くなってしまいました。

おわりっ

 

*1:総務省平成28年 情報通信白書』〈総務省、2016年〉

http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h28/html/nc26b230.html

*2:総務省平成28年 情報通信白書』〈総務省、2016年〉

http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h28/html/nc26b230.html

*3:清田雄治『フランスにおける 個人情報保護法制と第三者機関 ――CNIL による治安・警察ファイルに対する統制――』〈立命館法学、2005年〉

http://www.ritsumei.ac.jp/ir/ir-navi/common/pdf/technic/technic_text_01.pdf

*4:玉井亮子『フランスの選挙管理システムー大統領選を事例として』〈山梨国際研究 山梨県立大学国際政策学部紀要、2010〉

http://www.yamanashi-ken.ac.jp/wp-content/uploads/kgk2015003.pdf