LeMondeより 物議を醸す NETFLIXドラマ「13の理由」

こんにちは!ゴールデンウィーク明け、いかがお過ごしでしょうか。

(ゴールデンウィーク明けに投稿しようと思って、すっかり忘れていました...!

久っ々にフランス語の記事を紹介したいと思います。今回はLe MondeよりDamien Leloupさん著のこちらの記事です。

www.lemonde.fr

HuluやAmazon primeNETFLIXなどなど、コンテンツ配信サービスを利用した事がある方って多いのではないのでしょうか。

最近では、どの会社も過去の映画やドラマの配信だけじゃなく各局?オリジナルのドラマも放送しています。そんななか、NETFLIX製作のオリジナルドラマ「13の理由(原題: 13 Reasons Why)」が、最近物議を醸している、という記事です。

まずはじめにドラマそのものについてですが。「13の理由」は同名の小説を原作にもつ、実写化ドラマでして。ある高校生が、自殺した理由を録音したテープを通して、悲劇が明らかになっていくというストーリーです。(不穏だ) 

www.netflix.com

そんなドラマ「13の理由」。放送以来爆発的な人気を博し、ファンの急増やファンクラブの結成、 また、SNSで出演者のフォロワーがものすごい勢いで増えて行くという現象が起きているのだそう。 

しかし、自殺予防に取り組む団体からは、ドラマが実際に人々にしかねない影響、自殺や暴力的なシーンをあまにもリアルに描きすぎている、自殺を美化しようとしているのではないか、今実際にいじめや暴力に苦しんでいる人や、それが原因で家族や友人を失った人に対する配慮がなされていないなど、 様々な議論を呼んでいます。

紹介させて頂いた記事には、批判に対する製作側の意見も載っています。

大変興味深い記事です。気になった方、ぜひ元の記事を読んでみてくださいな。

 

単語のお話: 

調べた単語のリストの紙がどこかへ行ってしまったので、少々お待ちください...

 

おまけ: 

下書き記事の一覧の下ーの方に、投稿し忘れておりました....!Netflixを利用したことがないのですが、どうなんでしょうね...残酷なシーンを、あまりにも詳しく描きすぎるということについて、どう思われますか?

私としては、今はまだいまひとつ意見がまとまらず、まだここに書けそうにないです。どうなんだかなぁ。