2017年と2018年の話

                〈2017年の話〉

去年は私なりに頑張った。自分で言うか!と思うかもしれないが、私の現状をよく知っている方にとっては、「まあそうだねえ。」と言ってくれると思う。

試験が怖い

試験が怖い。そのまんまである。

センター試験の日には会場の前、親が運転する車の中で泣き出した。高校受験でも、受験校の前で車の中で泣いた。大学受験でも(以下略)。

試験が苦手なんである。「だめ。お前はだめ。」って言われに行くようで。自分がダメな、不十分なことを、ありがたいかな他人の目から金払って改めて確認してしまうようで。「やっぱり?」みたいな。

なので、今年TOEICも英検も、なぜ受験したのかも未だにわからない。

英検1級受験小話

本題の話。

実は、英検は単に受けて落ちただけではなかった。1級の受験会場で、尊敬してやまない先生方に再会したんである。通っていた学習塾の先生と、英語の担任だった先生の2人に。

なんでこの人はこんなに英語がわかるんだろうって。どうしてこんなに面白いんだろうって。教えるのが上手なんだろうって。英語得意なんだろうって。大ファンで、尊敬して、憧れていた2人の先生と、偶然同じ日に同じ級を同じ会場で受けたのだ。 

受験教室で前の席に座った方が、窓を閉めようと立ち上がって横顔がチラッと見えたその時、「先生!!!?!?(1人目)」と、思わず叫んでしまった。

そして、開始前にトイレに行こうとして席と席の間の列を歩いた時、2人目の先生とすれちがったんである。「先生!!?!?!??!!!??(2人目)」。

憧れた2人の先生方と、どの設問が苦手でどうしたらいいとか。逆にどこが得意だとか。試験が終わってからも、やれどこが難しかったとか、文句を一緒に言ったりして。今、あんな尊敬してた先生方と、同じ問題について話してるということが、自分でも信じられなかった。

「分からないんです。教えてください。」じゃなくて、

「あの問題、難しかったですね!この設問、嫌ですね!笑」って。

本当に、帰り道嬉しくて嬉しくて仕方がなかった。

毎回授業が待ち遠しかった、頑張っただけ、私のペースで好きなだけ先に進ませてくれたあの2人の先生と、約10年後同じ1級を同じ部屋で受けるんだって、10年前には考えもしてないなかったから。

先生方にとっては、受け持った数え切れないくらいの生徒の中の1人だけれども。

英語ができるって真の証明にはならない、とか。

1次合格しただけじゃん、とか。

普段の生活には役に立たない語彙ばっかりじゃん、とか。

英検だけではなく試験全般について、なかなか厳しい意見を時として耳にするけれども。「そうだよな。受けるのやめておこうかな。」って、思わずひるむことができる理由になることを耳にすることなんて、嫌になるくらい多々あるけれども。

私だって、TOEICや英検を盲信しているわけではないけれども。

ついに尊敬して憧れてやまなかった先生二方と、同じ級を、同じ日に、同じ教室で、受けたんである。他の人にとっては「はい。でも落ちたんですね。1級持ってないんですね。」かもしれないけど、この英検は受けただけで私個人にとってはいい思い出なのだ。

やっぱり悔しいけども。笑

というわけで、最終的に「不合格A」を頂戴した去年の英検1級には、こんな裏話?があったというお話でした。笑 

フランス語検定準1級

私が今この記事を書いている机の前の部屋の壁には、今年応募しなかったフランス語検定の封筒がピンに刺さって貼ってある。

宛名を「御中」に直して、願書だってもちろん書いた。準1級に丸だって付けた。

でも、書き上げた願書は封筒の中に入ったままだ。会った人に、「フランス語検定準1級受けるんです!」って、話してしまった。けっこうな人数に話してしまった。

ただ、過去問を解いてあまりにも自分のフランス語には穴があることを目の当たりにして。そりゃあ日本語だって穴だらけで怪しもんだが、それどころじゃないんである。

自分の苦手を、放置してきた苦手な箇所を、過去問にずばっと見破られた気分で。やっぱり、見て見ぬ振りはどこかで衝撃的に突きつけられるものなんだなって、思い知ってしまった。

めっちゃ反省。

                〈2018年の話〉

というわけで、今年は頑張るんである。できる範囲で。

適当に自己流で作り上げてきた、私の欠陥住宅「フランス語」と「英語」を、なんとか住めるようにするんである。屋根の雨漏りくらい直したい。笑

楽しんで勉強する。というか、英語とフランス語の勉強は、結局楽しくて仕方がない。できないことを、わからないことを、少しでもできるようになる。分かるようになる。分からないことにしょっっっっっっちゅう遭遇して、時として辛いけれども、わからない方がきっと後々嫌なのはわかったし。

 

あーこんなこと書いちゃって、2018年12月31日がもう心配です。笑 どうなることやら。ロシア語とアラビア語やりたいなー!←

 おしまい🎍